2018 Excellent wark commendation award !!

平成29年度に完成した相模原市南区北里地内(和孝)及び相模原市南区相南2丁目付近(折本設備)の配水管改良工事で優良工事表彰を受賞しました。

いずれの工事も古くなった水道管を地震に強い新しい水道管に取り替える工事でした。 平成29年度中に行った水道本管施工延長はトータルで2052.9km(工事件数12件で80点以上の優良工事は7件)この内の2件が今回の表彰となった工事でした。

セーフティーファースト・クオリティを高く・創意工夫を実践し環境負荷低減工事に努め、常に80点以上の優良工事ができる会社を目標にルールを強化し日々努力して参ります。

平成29年度 STOKSの報告

平成29年4月から平成30年3月までの給水管不断水穿孔時に発生する鉄粉等の処理を弊社で開発したSTOKS(水道管穿孔時鉄粉等オリジナル回収装置)にて回収しました。鉄屑のトータルは【39517g】となりました。500mlのペットボトルにすると約74本分です。穿孔口径φ20mm~φ300mmに使用したSTOKSは177回でした。

適正に処理した水道管等撤去材処理料は、今年度も神奈川県水源環境保全基金へ寄付することが出来ました。 この小さな活動を今後も続けSTOKSを使用する効果で周辺環境配慮や社会貢献をし、将来はこの活動に賛同して頂ける企業が増えることを目標に進めて参ります。

VIP CUSTOMER♪

本日6月14日(木)、折本設備本社にて日本ヒルティ㈱の狩野様よりHilti VIP CUSTOMER 認定書を授与いたしました。私共がこの最強の工具と出会いましたのは10年前になります。今では多種多様のなくてはならない大切な工具が33台になりました。

ヒルティ専用のオープンボードを設置し毎月倉入れを行うことで、異常の有無や所在確認を明確化し社員共有のスマート化を図って【きれい】に使用することを心がけております。 この工具を大切にする思いが届いたかは別として、今回のVIP COSTOMERは本当にうれしい出来事でした。

平成30年度 安全大会の実施

建国記念日の振替休日である本日午後1時より、折本設備本社1F事務所にて、平成30年度 安全大会を開催しました。 講師にJFEテクノリサーチ㈱の徳重(IRCA登録審査員)様による、労働安全衛生研修会と災害事例に学ぶ安全管理を協力会社合同の総勢20名で行いました。

誰もが安心して健康に働くことができる社会を実現するために! 毎朝朝礼でのKY活動及びヒヤリハットを行っておりますが、安全に対して専門の講師による安全講習会は、安全意識の向上にもなり定期的に行うことの重要性を改めて認識できた有意義な1日でした。

平成28年度 感謝状授与

平成28年3月~7月に神奈川県企業庁発注の相模原市南区東林間3丁目14番付近で古くなった水道管を地震に強い水道管に取り替える工事でした。

使用した水道管は、新耐震継手のGENEX(GX形)

耐震継手とは、1993年以降に発生した震度6以上の耐震継手布設延長3650kmで水道管が抜ける被害はなく、現在ちまたで行われている水道管取替工事のスタンダードとなりつつあります。毎日使う安全でおいしい水をつないで届ける【かなめ】の継手…  この継手の最新型がGENEX(GX形)なのです。

今回の工事はGX形φ100mm延長367.2m道路を掘削し布設する作業は住宅密集地で公園があり交差点の横断が多いこと等から施工範囲の工夫で工程管理を調整し安全作業を徹底したことが優れた評価を受け、今回の感謝状を頂くことができました。

この評価にはじぬよう、また一からくりかえし安全第一、創意工夫、日々の努力をおしまず、あせらず、確実に作業を進め品質向上を目指してまいります。

相模原南水道営業所長様をはじめ工務課長並びに職員の皆様ご足労頂きありがとうございました。                                             そして本工事に携わりました皆様本当にご苦労様でした。

 

 

 

折本設備×女子美術大学のウォールアートついに完成!!

平成29年7月より着手した折本設備第五資材置き場の壁に女子美術大学動物愛好会部員の皆様によりウォールアートを実施していただきました。

忽然と現れる白い壁ではただのそっけないカベ…

この空間に「美しい自然と共有する生命」「四季折々のstory」木々の隙間とのコラボレーションはまさに芸術の極み。建設業を感じさせないくらいの作品が出来上りました。

部員の皆様は、学業の合間や休日を返上し総勢16名の力を結集し約4か月間の大作に挑戦しました。とにかく初期段階は猛暑です。日陰もない屋外での作業は外現場仕事をしている方ならわかると思いますが大変な作業です。そのような中ですすめていただいた気持ちは感謝しかございません。本当にありがとうございました。

今回のプロジェクト思っていた以上の大きな作品は、幅3.0m延長60.0mになるので180.0㎡となり、地域の皆様にも楽しんで通行できるポイントまたは名所になるといっても過言ではございません。

「折本ウォールアートを通って右巻きね‥」とか運転手さんの声が聞こえてきそうですね。