background

ABOUT US

SDGs

SDGs(持続可能な開発目標)

SDGs Logoマーク

折グループは持続可能な開発のための2030アジェンダに取り組んでおります。

SDGs達成に向けた取組み

「水に関わる建設業の仕事を通して、世界をきれいにする」を目標に掲げます。
地球は、経済、社会、及び環境の面で大きな課題に直面している。
この課題に水に関わる仕事を通して対処するためSDGsに全社員で取り組んでまいります。

SDGsの取組み概要

【健康管理】

会員制ラウンジ折カフェを本社2Fにオープンし、水素カプセルを設置した。全社員及び協力会社様に会員になっていただき、水を飲む大切さを改めて伝え、健康な生活の維持や身体不良回復効果の高い酸素水素浴システムを取り入れ、非感染症疾患等の予防を通じて福祉を促進する。

【安全管理】

ゴールド免許獲得推進カウントダウンボードを設置し、毎日の安全運転を全社員朝礼にて確認し、個人のゴールド免許獲得予定日の状況を見える化することで安全意識を向上させ、車を運転する社会的責任を自らが進んで取り組めるよう、達成した時には毎回安全者表彰を行い、交通事故を減らす。

折カフェ内 カウントダウンボード

【スキルアップ】

技能資格や特別教育等に係る費用は、会社負担で取得できる制度を設け、資格保有者には相当の手当を支給することで、やる気を促進させる。若者も含む全社員の技術力を底上げすることで、より良い品質の高い工事を目指し社会に貢献する。

作業指導中の写真

【誇れる仕事】

STOKSを広め、工事に携わる企業様に同調頂き、大きな力で環境負荷を低減させたい。また、給水管取出等工事のスタンダード工法となるよう世界に広める。給水管取出工事等(道路の水道本管から、住宅敷地内等に水道管を引込む工事)で穿孔する作業時に発生する鉄粉や鉄くずを回収し、環境負荷を低減する。STOKSにて給水管取出工事等で生じる産業排水を浄化し、全ての水環境汚染を防止する。

(普遍性) 同業者であればすぐに安価で取り組める。
STOKSを使用する業者が増えれば、大きな環境負荷低減活動となる。
(包摂性) 水は誰にでも欠かせない命であり、環境を守る社会的責任は大きい。
(参画型) 当社で特許開発し、NETIS登録にて世界に広め、リース販売を行っている。
(統合性) リース販売をし、環境負荷を低減させ、継続的に寄付し社会貢献を行っている。
(透明性と説明責任) ホームページにて取り組みを公表している。
使用状況の写真 使用状況の写真

【工期短縮】

道路掘削時に発生する発生土や入替埋戻し材料砂を再掘削ヵ所や、余堀部に仮埋戻し材(エコボール)を使用し、著しい環境負荷を低減させる。これを現場ごとに集計し創意工夫と工期短縮、既設埋設物破損防止等で工事評価点の向上により社会的責任を果たす意義を尽くす。

エコボール設置状況(取り出し前)の写真 エコボール設置状況(取り出し中)の写真 エコボール設置状況(取り出し後)の写真

【企業責任】

絶対分別リサイクルエリア(As&ra)を折本設備第2資材置き場に設置し、工事で発生する産業廃棄物を見える化することで、徹底した分別と清掃後の保管により適正処理を行う。出来る限り再利用可能資源を大切にし、廃棄物の発生を大幅に削減させる。

(As&ra)の写真

【自信と勇気】

神奈川県企業庁と折本設備は、先進的な漏水調査技術の共同研究を実施しております。

神奈川県ホームページ

ABOUT US

株式会社折本設備についてはこちらからご覧いただけます。

お気軽にお問い合わせください